ウォルナッツ・クレイワークスタジオは粘土の立体イラストやキャラクターデザインを制作する静岡県浜松市のデザイン事務所です。

ウォルナッツ新聞

ウォルナッツ・クレイワークスタジオは、
お仕事以外の場所にもひょっこりと登場しております。
伝統技術とのコラボや市民活動、東日本大震災のサポートなど、
いろいろな皆様と交流させていただいております。
ここではわたしたちの活動やサポートさせていただいている
皆様の活動について紹介していきます。

日本をテーマにしたコラボレーション企画「LOVE JAPAN」♪

瀬戸焼×NODE×ウォルナッツ

「今、日本人に伝えたい、日本のチカラーLOVE JAPAN」。
日本に住んでいる人々が自らのふるさとで培われてきたクリエイティブな文化を 再認識をしてもらいたいという願いから、アート雑誌「NODE」で企画がスタート。
日本の伝統的な職人技を新たな視点を通して新しい商品を開発することとなり、クリエイターとしてウォルナッツ・クレイワークスタジオが企画に参加。
子供用「瀬戸焼きランチプレート」が商品化、販売され、東京浅草の「アミューズミュージアム」の展覧会にて発表していただきました。

瀬戸焼×NODE×ウォルナッツ

東京浅草の「アミューズミュージアム」

ウォルナッツ・クレイワークスタジオのアニメーション作品♪

国民文化祭映像フェスティバル入賞

ウォルナッツ・クレイワークスタジオ初の短編アニメーション作品 「DRAWING」が、
国民文化祭映像フェスティバルで入賞しました。
フェスティバル開催地が静岡ということもあり
今回の映像フェスティバルのテーマは「富士山」。
静岡出身者として受賞できたこと大変光栄に思います。

短編アニメーション作品 「DRAWING」